ダンスってなんかかっこいいし、ちょっとやってみたいな・・。子供にダンスを習わせておきたいな・・。
ダンススクールって一体どんなとこ?どんな事をするの?ダンスってどんなジャンルがあるの?
ダンスが上手になるコツってあるのかなぁ?そもそもダンスってどんなもの?
そんな疑問や悩みを解決します!

一番の上達方法は練習あるのみ(笑)
元も子もないような言い方だけど、でも本当。
長い目で見て、今の練習を楽しもう。

振り付けがなかなか覚えられない
そんな時は、その振りの曲を何度も何度も聞きながら頭の中でイメージトレーニングするといいです。

もちろん体を動かしてひたすら踊るのが一番かも知れません。
でも、なかなか体を動かして練習できる場所や時間が作れなかったりもしますよね。
毎日の移動時間、寝る前の時間、家事をしながら、などいつでもどこでもできるイメージトレーニングは、簡単な上、確実に「振り付けを覚えられない不安」を解消してくれるのでオススメです。

曲を聴きながら頭の中で冷静に振りを分析して曲と振りをシンクロさせていけば振りを覚えやすくなります。
また、その際はカッコよく踊れるイメージも忘れずに。
リズム乗れない
そしてダンス初心者が陥りやすいのが、振りを覚えることと振りをすることで精いっぱいになり、ダンスを楽しむどころか、「リズムにも乗れていない状態」「テンポが合ってない状態」になってしまうことがあります。

そうなればもはや「ダンス」ではありません。「動作」です。

なぜそんなことになるかというと、「曲」を聞く余裕がないからです。

「音楽」があってこその「ダンス」ですので、しっかり音楽、リズム、カウントを聞いて、音に合わせるように初めは意識した方がいいでしょう。

ちなみに「ダンス」ではなく「動作」になってしまっていても本人は気がついてないことが多いので、不安な気持ちで踊っている人は特に注意した方がいいかもしれません。
振りはできているのに見た目がイマイチ
振りをある程度覚えてきたら「完璧にできた!」と満足してしまいがちです。でもそれではダンスは上達しません。

もちろん達成感も必要です。頑張ってやっと覚えられたことをまず自分で自分を褒めてあげましょう。
そして、ひとまず振りの流れを覚えたら、次は見た目を気にしてみてください。
先生と同じ振りをしているつもりでも微妙に違っているものです。
どこが違うか、何が違うか、一つ一つのステップの形や振りを細かく見比べて、少しずつ修正していけば、
いつのまにか、上達しているはずです。
一緒に踊っている仲間のダンスと、鏡越しで見比べるのも良いと思います。

そして「鏡に映った自分のダンスを見る習慣」をつけましょう。

もしこのブログを読んでくれている人が中学生、高校生だったら。
こんな高校があります。実際に舞台発表を見れる機会があったので見させてもらったんだけど、ダンスだけじゃなくて舞台芸術とか、総合芸術って形でダンスや表現を学べる高校だそうです。
2016年2月の今の段階ではまだ高等専修学校っていう専門学校?みたいな形らしいんだけど、春からは正式な高等学校になるらしいので、なかなか惹かれるところ。

ダンス・演劇・音楽・美術をプロから学ぶ りら創造芸術高等学校

ヒップホップダンスを上手く踊るには、重要なポイントが2つあります。
それは、リズムトレーニングとアイソレーションです。一つ一つ説明していきます。

リズム
ヒップホップダンスの基本は、リズムに合わせてアップとダウンが出来るようになることです。
これが出来るようになるまで、DVDと鏡を見ながら繰り返し練習しましょう。
自分のダンス姿を動画で撮影すると、どこがダメなのか気づくことがありますので、おすすめしています。
スマホの動画撮影などで十分です。自分のダンスとDVDのダンスを見比べてみましょう。
音楽は、ゆっくりめのテンポが好ましいです。自分が好きな曲を選ぶとモチベーションが上がります。
リズムが取れていないと、今後ダンスを踊っていても「ぎこちない」ダンスになってしまいますので、おろそかにしない方が良いです。
もし、リズム感が無くても悲観的にならないで下さい。
練習すればリズムは取れるようになりますので。
リズムはセンスや運動神経は関係なく、体に慣れさせることが大事です。

アイソレーション
アイソレーションとは、頭や首、肩、胸、腕、腰、足など、体の各部分を単独で動かす練習です。
これが出来ていると、さまになるダンスが躍れるようになります。
独学で練習している人は、アイソレを「知らない」、もしくは「おろそかにしている」人が実に多いです。
リズムトレーニングと同じように、繰り返しコツコツと練習していきましょう。
これらを習得すると、後は応用したり、オリジナリティーを出していくだけです。

ヒップホップは初心者に最適なダンス
それと伝えておきたいことが、ヒップホップは初心者にとって最適なダンスと言われてます。
ダンスは、長い歴史のなかで、色々なジャンルが誕生しました。

ヒップホップ:EXILEのランニングマンような、ステップ中心のダンス。
ブレイクダンス:ナイナイの岡村さんが得意とする、地べたでクルクルと回るダンス。
クランピング:ストリートギャングが暴力の代わりにダンスで競うことで生まれたダンス。
ロッキン:SMAPの中居君っぽい、腕をクルクル回して指を挿すようなダンス。
ハウス:ハウスの音楽に合わせて軽快なステップを踏むダンス。
ポッピン:ロボットダンスやパントマイムなど、人間らしくない動きをするダンス。
これらを大きくまとめてストリートダンスと呼ばれていますが、初心者はヒップホップから入ると他のダンスも踊れやすいです。

リズムトレーニングに適していますし、基本となるステップも多く、体を慣れさせるのに一番良いと思います。

ヒップホップを習得すれば、他のダンスも踊りやすくなるので、是非楽しんで練習してくださいね!

ダンスをやってみたいけどなにから始めていいかわからないって人や、あれってなんていうジャンルなのかな?
はじめの一歩がどうしても緊張しちゃう。
初心者だけど大丈夫かな?
自分も含めてそんな方も多いですよね。

今回はそんなダンスのジャンルをザクっと紹介しちゃいますね

HIPHOP
ストリートダンスの中でも人気ジャンルのひとつヒップホップ。音楽のヒップホップやR&Bの曲で踊るからアーティストのプロモーションビデオでもよくみるダンスです。ニュースクールとも呼ばれ流行によってスタイルも常に変化し、HIPHOPの中でも幅広いスタイルがあり使う音楽やスタイルもインストラクターによりさまざまです。ノリを重視したかっこいいスタイル。

JAZZ
女性ならではのカッコよさやしなやかさ、セクシーさを表現し、音楽はスローテンポなものからキレのいいリズミカルなものまで。カラダの軸作りや体幹もトレーニングするので姿勢もキレイになります。クラスによってはバレエの動きやストレッチ、その他、ターンなどのテクニックものもやります。表現の幅が広くいろいろなジャンルの基礎作りにもなります。

BREAK
ブレイクダンスは、ストリートダンスの中でもスピード感、パワフルさではダントツのインパクトがあるダンス。クルクルまわったりアクロバティックな動きが有名ですが、それ以外にトップロックやフットワーク等、とてもスタイリッシュでクール。一見、難しそうですが順番にステップアップしていけば出来るようになり達成感もひとしおです。一度、歓声を浴びたらやめられないやみつきになるダンス。

POP
ポップとは弾くって意味。ビートにあわせて筋肉を弾いておどります。ブガルースタイルやアニメーション、ロボットダンスなどスタイルはさまざまです。ダンスをしていない人から見ると「カラダがどうなっているの?」と思うような不思議な動きが多くインパクト大です。他のジャンルにも精通する動きが非常に多く、POPをやりたい人から、ダンスに取り入れたい方まで是非おすすめです。

HOUSE
ハウスは文字通りハウスミュージックに合わせて踊るスタイル。軽快で流れるようなステップと音楽との一体感は爽快です。
SAMさんが踊っているジャンルとしても有名です

LOCKIN
常に笑顔を絶やさず、ニコニコとした表情でファンキーに踊る姿が、
周りの人たちまで笑顔にさせてしまうLOCK。
LOCKとはその名の通り鍵の意味を持つ。
カチャっと鍵をロックするかのように自分の体をロックする。
キッズ~大人まで男女問わず大人気のジャンル。
指を指したり、手をはたいたり、ピタッと止まったり。
アクロバティックな動きも人気の秘訣です!
使用される音楽は70年代のディスコソングが多い。

WAACK
女性やキッズの中で近年人気急上昇中のジャンル。
腕を大きく回し、女性らしい腰の動きで音楽に乗る。
使用される音楽はLOCKと同様、70年代のディスコソングが多く、
細かい音どりを特徴的な腕の動きでカッコよく。
今かなりおすすめのジャンルです。

コンテンポラリー
バレエ・アカデミック(クラシック・バレエの技術)に基づいたものが多いとは言えるが、演劇的な要素が強いものもある。バレエ・アカデミック(クラシック・バレエの技術)に基づいたものが多いとは言えるが、演劇的な要素が強いものもある。

タップダンス
金具(チップ)を底に打ちつけた靴の爪先と踵で、リズミカルに床を踏み鳴らして踊るダンス
現在ではタップダンスも多様化しており、リズムタップやミュージカルタップなどのスタイルがある。
リズムタップはビートを重視し、ステップによって音楽を作りだしていくスタイルである。ミュージカルタップはブロードウェイミュージカルに見られるようにタップだけではなく体全体の動きも重視し、曲に合わせて踊っていくスタイルである。

ベリーダンス
世界でもっとも古い踊りといわれているベリーダンス
ベリーダンスの「ベリー」とは「お腹」の意味で、その名の通り、お腹やウエストラインを激しく動かしたり、くねらせたりするのが特徴。

フラダンス
ハワイ生まれのフラダンスは、観光ショーや習い事など、日本でもとても人気のあるダンスです。
フラはハワイ語で「踊り」という意味。
観て楽しむだけでなく、なんと言ってもフラの一番の魅力は「誰でも踊ることができる」こと

バレエ
バレエは、西ヨーロッパで発祥した、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。
もとはオペラの一部として発達したため物語性を持つ作品が多い。
他の舞踊に比較して足を開くことを原則とし、歩く、飛ぶ、回るステップなど厳密にパターンが決められているのが特徴。
体位向上、運動神経やリズム感、集中力を養えるため、幼児から大人まで幅広い年代で人気のあるジャンルである。

まだまだ他にもたーーくさんあるんだけど、
まずは一度そのジャンルの動画とか見てどれがやってみたいか色々見てみてくださいね!

これからダンスをやりたい!これからうまくなりたい人へ。
またはちょっと挫折しちゃっている人にも。
まずはこの動画を見てテンションあげてください

こちらの動画はダンス初心者の男性が、自分のダンス風景を2年間撮影し続けた動画なんですが、スタートの開始2日目と最後の2年経った時のダンスはえぇぇ!って驚くほど上達しています。

この動画を見てると何かを始めるのに年齢とか、今の状況とか全然関係ないんだな。ってことがすごく励みになりますね。
俺もこの動画見てすぐ練習したくなりました🌟